>

絶対見逃せない映画 おすすめ

絶対見逃せない映画 おすすめ

映画『あなたが寝てる間に…』(感想)サンドラ・ブロックが孤独で純情な主人公を。個性溢れる登場人物の思わぬ言動に翻弄されっ放し!

「スピード」でタフなヒロインを演じたサンドラ・ブロックが本作品では憧れの男性の名前さえ聞けない、純情な女性を演じています。シカゴの地下鉄の改札で働くルーシーは、毎日決まった時間に改札口を通る男性にときめいていました。クリスマス・イブの日、憧れの彼が不良にからまれ、ホームに転落してしまいます。列車が滑り込む寸前、命懸けで彼を救ったルーシーでしたが、彼は気絶し昏睡状態に陥ります。病院に見舞いに訪れる彼の家族に対して、話しの弾みで、ルーシーは彼の”フィアンセ”であった事にされてしまいますが、素敵な家族を前になかなか真実を切り出せないでいるルーシーでしたが…
絶対見逃せない映画 おすすめ

劇場公開あるいはNetflix配信で最近観た【新作映画】見逃せない おすすめ映画10選(順不同) 2022.5.22

最近も話題の大作映画あり、ちょっと渋めの映画ありと見たい劇場公開或はNetflix独占配信映画が目白押しでした。中には見たいと思いながら、限定された映画館のみの公開だった為、残念ながら見逃した映画もあります(『不都合な理想の夫婦』ジュード・ロウ他主演)最近見たおすすめの映画10作品をご紹介します。また、観賞していない方は参考にしてみてください。
絶対見逃せない映画 おすすめ

「ジュード・ロウ」出演おすすめ映画10選(第2弾)最近見た映画、見直した映画限定、順不同!

あらゆる役柄を演じ分ける素晴らしい演技力に驚きます。映画ファンを魅了し続けています。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞共にノミネートのみでまだ受賞はしていません。何とか早く受賞することを期待したいものです。また、大変な子沢山としてしられ、6人の子供に恵まれているそうです。しかも長男26歳を筆頭にいずれも美男・美女揃いです。
絶対見逃せない映画 おすすめ

おすすめ映画『真夜中のサバナ』(感想)驚きの評決結果にびっくり仰天!

アメリカ南部の都市サバナで実際に起こった事件を描いたジョン・ベレントの同名ベストセラー(1994年に発売されたノンフィクション・ノヴェル。発表当時より爆発的な売れゆきとなりベストセラー連続一位記録を塗り替えた大人気小説、更に本書により全米に留まらず世界中からサバナ観光に訪れる観光客が増え、同書はガイドブック的な役割を果たしているとの情報もあります!?)を、クリント・イーストウッド監督(監督20作目)が映画化したサスペンスドラマ。
絶対見逃せない映画 おすすめ

”マルチバース”の扉が開かれる時、一体何が起るのか?映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』(感想)映画館でしか味わえない未体験の異次元を体感!

元天才外科医で最強の魔術師ドクター・ストレンジの活躍を描くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の「ドクター・ストレンジ」シリーズ第2作。また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品という。
絶対見逃せない映画 おすすめ

一切破綻のない完璧な謎解きゲーム映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』(感想)事件の鍵を握るのは正直者、南米移民の娘の看護師

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナルの密室殺人ミステリー。
絶対見逃せない映画 おすすめ

人間の意識をコンピュータに移す実験成功を目前にした医療系バイオ企業が舞台の近未来SF映画『レプリカズ』(感想)クローン人間の誕生はもうすぐなのか!?

人間の意識をコンピュータに移す実験成功を目前にした医療系バイオ企業の研究所で働く神経科学者ウィリアム・フォスターは、自動車運転中の突然の事故により最愛の家族4人を一度に亡くしてしまいます。失意の中でフォスターはタブーを犯し、家族の身体をクローン化させ、意識を移し変えることで完璧なレプリカとして蘇らせることに成功します。
絶対見逃せない映画 おすすめ

本当の幸せとは何か、その答えを求め、イギリスから中国上海、チベット、アフリカへ…映画『しあわせはどこにある』(感想)どうやらどこにあるか見つかりました!

「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のサイモン・ペッグと「ゴーン・ガール」でアカデミー助演女優賞にノミネートされたロザムンド・パイクが共演し、「マイ・フレンド・メモリー」「Shall We Dance?」などで知られるイギリス人監督ピーター・チェルソムがメガホンをとったコメディ・ドラマ
絶対見逃せない映画 おすすめ

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じた映画『007 スペクター』(感想)全世界興行収入8.8億㌦も納得の迫力!

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作。前作「007 スカイフォール」に続きサム・メンデス監督がメガホンをとり、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスら共演陣も続投。製作費は約2億4500万ドルと推定されています。また、全世界興行収益は8.8億㌦に及ぶ凄まじい大ヒット作品となっています。また、ダニエル・グレイグには出演料として2,400万ドル(約28億円)が支払われたという。
絶対見逃せない映画 おすすめ

上映される映画の趣味が合えば「東京テアトル」の株主優待で無料観賞がたいへんお得です!株保有歴20年超が語る、株主優待の使い勝手、最近の上映作品情報…

ミニシアター系の映画館にも個性溢れる魅力的な映画の上映が多いので、以前から「東京テアトル」系列の映画館に良く通っています。そのきっかけとなったのが「東京テアトル」の株主優待でした。「東京テアトル株主優待」について、その使い勝手・感じたことなどを取り纏めてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました