>

2021-06

絶対見逃せない映画 おすすめ

【2021年版】この天才子役には100点満点! 最近観た映画限定のおすすめ10作品をご紹介(順不同)

可愛いだけではなく、しっかりした演技力や存在感も備わっている天才子役たち、素晴らしい映画の魅力には欠かせない存在かも知れません。中にはまったく演技経験が無くオーディションから選ばれた素人の新人たちもいるので驚きです。最近観た映画の中からお気に入りの10作品をご紹介します。まだ、御覧になっていなければ参考にしてみてください。
絶対見逃せない映画 おすすめ

おすすめ映画|『ショコラ』(2000/ラッセ・ハルストレム監督)チョコレートの甘い香りとその効能にうっとり!

1959年冬のある日、フランスの小さな村に謎めいた女性ヴィアンヌが私生児であるアヌークを連れて越してきました。母娘は村人が見たこともないような美味しそうなチョコレートであふれた店を開きます。客の好みにピタリと合わせて勧められるチョコレートは、その不思議な作用から村人達を惹きつけ、村人はカトリックの断食期間にも厳格な教義に反しチョコレートを食べていました。
ゴルフは突然上手くなる!?

なぜスコアアップ出来ないのか?同じ悩みを持つ万年ダッファー必見】役立つ実戦ラウンド記録21.6.28 南摩城カントリークラブ 練習ラウンド(90切り戦績21戦15勝6敗 勝率0.714)

フェアウェイキープ率、パーオン率ともかなりの改善がありました。MIYASHITA GOLF動画レッスンを見た甲斐があり80台前半をキープできました。毎度のことですが即効を実感しています!
絶対見逃せない映画 おすすめ

【2021年版】冒険映画おすすめ10作品 最近観た映画、観直した映画作品限定 (順不同)

冒険映画と勝手にジャンル分けして10作品をご紹介します。冒険者と名の付く映画ではロベール・アンリコ監督、アラン・ドロン/リノ・ヴァンチュラ出演の『冒険者たち』を推したいところですが、残念ながら今回は入れませんでした。これらの映画に共通すると...
旅の随筆

90年代 懐かしいときめきの「香港」の思い出

唯一民主化保護を鮮明にする香港紙「アップルデイリー」が発行停止というニュースも伝わって来ている「香港」ですが、90年代、中国に住んでいた日本人駐在員やその家族に取って香港は憧れの地、心のオアシスでした
絶対見逃せない映画 おすすめ

おすすめ映画|『キング』(2019/デビッド・ミショッド監督)ティモシー・シャラメ主演の歴史映画

「君の名前で僕を呼んで」「ビューティフル・ボーイ」のティモシー・シャラメがイングランド王ヘンリー5世に扮して主演を務めた映画。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ヘンリー四世」2部作や「ヘンリー五世」に着想を得た物語で、自由気ままな王子が宮廷内のさまざまな問題や戦争など、混乱する時代を生きることで国王として成長していく姿を描いています。
絶対見逃せない映画 おすすめ

【2021年版】グルメ関連映画おすすめ10作品 最近観た映画、観直した映画作品限定(順不同)

グルメに関連した映画はかなりたくさんありますが、最近観た映画に限定して10作品を紹介します。どの映画にも素晴らしい、美味しそうな料理が出てくるシーンが盛りだくさんです。映像からだけでもどれだけ美味しいのか感じることが出来ますね!皆さんのお気に入りの作品(料理)はありましたか?
絶対見逃せない映画 おすすめ

おすすめ映画|『わたしに会うまでの1600キロ』(2014/ジャン=マルク・バレ監督)人生の再出発のため1600キロを単独踏破した女性のストーリー!

人生の再出発のため1600キロに及ぶパシフィック・クレスト・トレイル(PCT)を踏破した実在の女性シェリル・ストレイドの自叙伝を、オスカー女優のリース・ウィザースプーンが製作・主演、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・バレ監督がメガホンをとって映画化したドラマ。脚本は「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」のニック・ホーンビィ。
絶対見逃せない映画 おすすめ

【2021年版】スポーツドラマ・おすすめの10作品 最近観た映画、観直した作品限定(順不同)

スポーツに関連する10作品を選んでみました。勝利して歓喜に沸くラストや、予想外の敗戦を迎える映画、よくこんな映画が撮れたと関心する作品など色々です。この中に皆さんのお気に入りの作品はありますか? もし、まだ見ていない作品があれば、是非参考にしてみてください。
絶対見逃せない映画 おすすめ

おすすめ映画|『マイ・ブルーベリー・ナイツ』(2007/ウォン・カーウァイ監督)「花様年華」のウォン監督の英語版ロードムービー

恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。毎晩、ブルーベリーパイにアイスを添えて用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベスであったが、それでも元恋人への想いを捨てきれない彼女はひとり旅に出ることを決意します。しかしながら、行く先々で彼女が出会うのもまた、さまざまな“傷心”を抱える男と女たちでした、、、
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました