>
絶対見逃せない映画 おすすめ

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じた映画『007 スペクター』(感想)全世界興行収入8.8億㌦も納得の迫力!

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンド役を演じる「007」シリーズ第24作。前作「007 スカイフォール」に続きサム・メンデス監督がメガホンをとり、レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスら共演陣も続投。製作費は約2億4500万ドルと推定されています。また、全世界興行収益は8.8億㌦に及ぶ凄まじい大ヒット作品となっています。また、ダニエル・グレイグには出演料として2,400万ドル(約28億円)が支払われたという。
絶対見逃せない映画 おすすめ

上映される映画の趣味が合えば「東京テアトル」の株主優待で無料観賞がたいへんお得です!株保有歴20年超が語る、株主優待の使い勝手、最近の上映作品情報…

ミニシアター系の映画館にも個性溢れる魅力的な映画の上映が多いので、以前から「東京テアトル」系列の映画館に良く通っています。そのきっかけとなったのが「東京テアトル」の株主優待でした。「東京テアトル株主優待」について、その使い勝手・感じたことなどを取り纏めてみました。
絶対見逃せない映画 おすすめ

グリーンランドを舞台に、デンマークの探検隊が命懸けの極地探検に挑む驚きの実話・映画『氷がすべてを隔てても』(感想)人間の耐久力に脱帽!

作家・探検家のアイナー・ミケルセンによる小説を映画化した作品です。グリーンランドを舞台に、デンマークの探検隊が命懸けの極地探検に挑む姿を実話に基づき描いています。
絶対見逃せない映画 おすすめ

スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマン監督が数々の傑作を生み出してきた島が舞台、『ベルイマン島にて』(感想)天国の様な夏の島生活を体感

「未来よ こんにちは」のミア・ハンセン=ラブ監督が、スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが数々の傑作を生み出してきた島を舞台に、映画監督のカップルが織りなすひと夏の物語を描いたドラマ。
絶対見逃せない映画 おすすめ

小説家J・D・サリンジャーを担当するエージェントと新人アシスタントを描いた自叙伝を原作とする映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』(感想)彼女の成長に爽やかな好感が持てる!

「ライ麦畑でつかまえて」などで知られるアメリカの小説家J・D・サリンジャーを担当する女性エージェントと新人アシスタントを描いたジョアンナ・ラコフの自叙伝『サリンジャーと過ごした日々』原作としており、若き新人編集アシスタントの女性が力強く成長して行く姿が生き生きと描かれていきます。【実話】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のマーガレット・クアリー、「エイリアン」シリーズの名優シガニー・ウィーバーの共演で映画化した作品。
おすすめ山登り・ハイキング

初心者/初級者向け「絶対疲れない山登り・ハイキングのコツ」徹底ガイド 13か条

わたしの本格的な山登りの経験は会社に入手した2年目の時でした。仕事も大変忙しかったのですが、週末は7.8名のパーティーで金曜日の夜行急行電車に乗り、山麓近くの駅で仮眠し、その日は山中テント泊という行動がメインでした。異常に体力があったお蔭で、歩荷を担当しテント一式・食料など優に30㌔超のザック担いで登っていました。しかし、時代も変わり、現在ではいかに『楽に登るか』を考えながら登っています。それにしても雑誌『山と渓谷』の情報によれば、南アルプス山小屋1泊2食付き13,000円という料金設定には驚きました。従来山小屋とは余り無縁だったのですが、楽に山を登るにもお金が物を言う時代になったのかもしれません。
ゴルフは突然上手くなる!?

あきらめるのは、まだ早い!【同じ悩みを持つ100切、90切を目指すゴルファー必見】練習ラウンド2022.5.10(GDO・HDCP11.6 ⤵)

先月20日以降GWはさすがにラウンドの予約が取れず、3週間振りのラウンドとなりました。最初から最後まで、歯車が良く噛みあわず、納得いくラウンド結果ではありませんでした。ドライバー、アイアン、アプローチ、パットとも精彩を欠く結果になってしまいました。反省ポイントがかなり多かったのですが、練習場で一つ一つ見直したいと思います。
絶対見逃せない映画 おすすめ

巨匠「スティーブン・スピルバーグ」監督 おすすめ映画10作品ランキング(最近見た映画、見直した映画限定、好み順)

スティーブン・スピルバーグ監督の製作映画作品は膨大です。その内、比較的最近作られた作品を中心に、最近見た(見直した)ごく一部の映画10作品(含む製作総指揮)を好み順にご紹介します。未だ見ていない映画やもう一回見直す際の参考にしてみてください。
絶対見逃せない映画 おすすめ

英国デボンの農場で飼われていた馬が、第1次世界大戦で軍に徴用され、激戦地を生き抜く数奇の運命を描く映画『戦火の馬』(感想)

1982年にイギリスで発表され、舞台化もされて成功を収めたマイケル・モーパーゴの小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品。第1次大戦下、デヴォンの貧しい農家の少年アルバートは毎日を共にしていた農耕馬のジョーイを軍馬として騎馬隊に売られてしまい。ヨーロッパ大陸に送り込まれる事になります。戦争中、ジョーイは飼い主が目まぐるしく変わり、さまざまな危機に遭遇しながら、欧州各地を転々とすることになります。
絶対見逃せない映画 おすすめ

「ニコール・キッドマン」おすすめ映画10作品ラインキング《第2弾》(最近見た映画・見直した映画限定)

数多くの名作に出演し、現在も映画出演に引っ張りだことのニコール・キッドマン。。これまでに5度アカデミー賞にノミネート歴があり、ゴールデングローブ賞には19度ノミネートされています。出演する映画作品の多くは各国の映画賞を総ナメしていることでも分かる通り、たいへんな美貌と演技力は迫力満点です。もし、まだ見ていな映画があれば是非参考にしてみてください。なお、最近公開された『愛すべき夫妻の秘密』は、Amazon Prime Videoのみの配信の為、見る事が出来ず残念な思いをしています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました