>

映画『トップガン マーヴェリック』(感想)すごい全てホンモノ!あり得ない映像!スタント無しでどうやって戦闘機の搭乗シーンを撮影出来た??IMAXで観て大正解(今年一押し!)

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじ・概要

トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編。

ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐は輝かしい戦歴とは裏腹に昇進を拒み続け、現在スクラムジェットエンジン搭載の極超音速テスト機「ダークスター」のテストパイロットを務めていました。

テスト目標である速度マッハ10の記録に成功するもさらに記録を伸ばそうと加速を続けた結果、機体を空中分解させてしまいます。しかし、怪我もなく生還したものの、マーヴェリックにノースアイランド海軍航空基地へ教官としての赴任命令が下ります。

アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校トップガンに、伝説のパイロット、マーヴェリックが輝かしい功績を立てたその腕を見込まれ教官として帰ってきます。空の厳しさを誰よりも知る彼は、守ることの難しさと戦うことの厳しさを教えますが、訓練生たちはそんな彼の型破りな指導に戸惑い反発します。そして、米海軍エースパイロットの訓練生に課せられている任務とは、あるならず者国家が稼働しようとしている核兵器開発プラントの破壊でした。地形の構造と強力な防空網から極めて危険な任務であり、目的達成及び無事に帰還する可能性がとても低い極めて危険なミッションでした。

訓練生の中には、かつてマーヴェリックとの訓練飛行中に命を落とした相棒グースの息子ルースターの姿もありました。ルースターはマーヴェリックを恨み、彼と対峙することになります……。

主人公マーヴェリックをクルーズが再び演じ、「セッション」のマイルズ・テラー、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「アポロ13」のエド・ハリスが共演。さらに前作でマーヴェリックのライバル、アイスマンを演じたバル・キルマーも再出演する。「オブリビオン」のジョセフ・コジンスキーが監督を務めています。

2022年製作/131分/アメリカ
原題:Top Gun: Maverick

ジェット戦闘機

映画『トップガン マーヴェリック』のスタッフとキャストについて

ジョセフ・コジンスキー監督:ディズニーの3D映画「トロン:レガシー」(10)で長編監督デビュー。同作は世界的ヒットを記録しています。

トム・クルーズ(ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐):空白の36年を乗り越え、前作「トップガン」の続編がいよいよ登場。まもなく60歳を迎える(1962年生)年ではありますが、変わらない魅力、進化する魅力にも大注目の作品です。

トム・クルーズ主演おすすめ映画10作品(最近観た映画、観直してみた映画限定です。順不同)

マイルズ・テラー(ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショウ海軍大尉):長編映画に初出演した「ラビット・ホール」(10)でニコール・キッドマンと共演。

ジェニファー・コネリー(ペニー・ベンジャミン):アカデミー賞受賞作「ビューティフル・マインド」(01)では同賞助演女優賞を受賞しています。

おすすめ映画|『ビューティフル・マインド』(2001/ロン・ハワード監督)ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く監督)

David MarkによるPixabayからの画像

映画『トップガン マーヴェリック』のネタバレ感想

前評判通り、「空撮はCGを使わず、全て本物の戦闘機を使い、キャスト達が実際に乗り込んで撮影された」という前代未聞の信じられない撮影方法を実感できました。6台ものIMAXカメラがコックピットに積み込まれるという。今まで見たことも無い映像体験が可能となっています。

山岳地帯の標的を爆撃する為、敵陣を守備するミサイル網を掻い潜り、超低空飛行をする事が必至でした。標的直前の山を越える為には更にバク転宙返り飛行を余儀なくされました。爆撃後目前に迫る絶壁を這うように即時に急上昇する必要があります。その際、800㌔―900㌔のGが体全体に掛かるそうです。実際に一人のパイロットは失神してしまいました…

トムは7〜8G(重力加速度)の負荷に耐える為に若手キャストに対する3ヶ月に及びトレーニングプログラムが撮影前に実施したというから驚きです。確かに、激しいGに歪むトムの顔はしっかりカメラに捉えられており、これが現実であることがひしひしと実感出来ました。

戦闘機の訓練飛行や実際の適地攻撃の為出撃するシーンなど迫力満点です。また、終盤には考えられない様な見せ場、見せ場の連続に胸熱で胸裂ける思いがしてくることは間違いありません。(ネタバレしてしまうともったいないので止めておきます)

また、飛行訓練に明け暮れ、戦闘機の度肝を抜く飛行シーンの連続に留まらず、36年前の前作のストーリーをしっかり受け継ぎ、更に発展させている点も決して見逃す事はできません。何度もぶつかり合う確執のあったマーヴェリックとルースターの関係も見事に氷解し固い絆で結ばれていくカッコ良さに大興奮!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました