>

漫画 おすすめ

漫画 おすすめ

漫画|『ふたりソロキャンプ』(4)出端祐大著 見どころ

樹乃倉厳34歳。生粋のソロキャンパー厳さん、彼のソロキャンプライフのルーツはどこにあったのか? 厳の過去が明らかになる! 厳さんは年に一度だけ、普段あまりキャンプでは飲まない日本酒(ビール党?)とひと手間掛けたおつまみを準備して、山でキャンプをします。実はそれは23年前に若くして亡くなった父親と酒を酌み交わす為の命日の”儀式”になっているようでした。
漫画 おすすめ

漫画|『ふたりソロキャンプ』(3)出端祐大著 見どころ

焚火はキャンプには不可欠なモノです。キャンプ場での火の使用を前提として、解説されている物と思われます。新兵器の『たき火台』を雫は購入してきて早速利用する事にしたようです。ガスバーナーという優れものもありますが、焚火が使えれば料理以外にも暖を取る事も可能で、何となく心豊かな気持ちになれます。
漫画 おすすめ

漫画|『ふたりソロキャンプ』(2)出端祐大著 見どころ

1巻に比べて、2巻は気のせいか内容がかなり充実してきたように思います。キャンプで必要となるテントの選定の基準など、細かい機能性などを重視する記載があったかと思うと、最後にはズバリ《見た目》という当たり、本格的なキャンパーでなければ言えない一言ではないかと感じる発言にドキリとしました。
漫画 おすすめ

漫画|『ふたりソロキャンプ』(1)出端祐大著 見どころ

ソロキャンプのベテランの男性とソロキャンプ初心者若い女性との交流を描いた作品。ヒロイン雫はソロキャンプには大変興味があるもの、そのノウハウを全く知りませんでした。偶然知り合った、男性は樹乃倉 巌は熟練のソロキャンパーだったので、彼に教えを乞う為、一緒にキャンプに連れて行くように強引にお願いします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました