>

映画『エノーラ・ホームズの事件簿』(感想)名探偵シャーロック・ホームズの妹が大活躍のミステリーアクション映画

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

映画『エノーラ・ホームズの事件簿』のあらすじ・概要

名探偵シャーロック・ホームズに妹がいたという設定で描かれ人気を集める、アメリカの作家ナンシー・スプリンガーの小説シリーズを、Netflixが映画化したミステリーアドベンチャー。

Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のイレブン役でブレイクしたミリー・ボビー・ブラウンが主演・製作。

兄で名探偵のシャーロックを「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カビル、もう一人の兄マイクロフトを「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン、母ユードリアを「アリス・イン・ワンダーランド」のヘレナ・ボナム・カーターが演じています。

1884年、イギリス。16歳の誕生日を迎えたエノーラが目を覚ますと、母が謎めいた暗号を残して行方不明になってしまいました。母を探しに単身ロンドンへ向かったエノーラは、思いがけず青年貴族バジルウェザー・テュークスベリー侯爵の失踪事件に関わったことをきっかけに、恐ろしい陰謀と巨大な謎に巻き込まれながらも、命を狙われている青年貴族を守ることをついに決意し行動を取ります。

新型コロナウイルス感染症流行のために劇場公開は断念され、Netflixが中国を除く全世界の配信権を獲得し、2020年9月23日に配信が開始された作品となります。

2020年製作/123分/アメリカ
原題:Enola Holmes

シャーロック・ホームズの活躍映画感想➢

おすすめ映画|『シャーロック・ホームズ』(2009/ガイ・リッチー監督)

おすすめ映画|『シャーロック・ホームズ/シャドウ・ゲーム』(2011/ガイ・リッチー監督)アクション満載の斬新な映像で描くホームズ

映画『エノーラ・ホームズの事件簿』のスタッフとキャストについて

ハリー・ブラッドビア監督

ミリー・ボビー・ブラウン(エノーラ・ホームズ):16年にNetflixのSFドラマ「ストレンジャー・シングス」のイレブン役に抜てきされてブレイクし、世界的に名を知られるようになる。

私立探偵シャーロック・ホームズ並の推理能力、身体能力などをフルに生かして難事件に立ち向かう姿は16歳の少女の域を遥かに超えている活躍振りでした。

ヘンリー・カヴィル(次兄/シャーロック・ホームズ):13年の「マン・オブ・スティール」で、スーパーマン/クラーク・ケント役を勝ち取り、一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たす。ガイ・リッチー監督作「コードネーム U.N.C.L.E.」(15)では主人公の1人ナポレオン・ソロ役に起用された。

おすすめ映画感想【コードネーム U.N.C.L.E.】(2015/ガイ・リッチー監督)60年代の人気テレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」のリメイク版映画

サム・クラフリン(長兄/マイクロフト・ホームズ):

ヘレナ・ボナム=カーター(母親ユードリア・ホームズ):➢【2021年版】ヘレナ・ボナム・カーター出演のおすすめ映画10作品(最近見直してみた作品限定・個人的な好み順)をご紹介

映画『エノーラ・ホームズの事件簿』のネタバレ感想

(ネタバレ有り)19世紀後半女性が自立して活躍して生きるのは、難しかった時代背景がある様です。兄たちに寄宿学校に入れられ、伝統的な淑女教育を受けさせられる事を強要されますが、まったく肌に合わず抜け出してしまうエノーラの姿が描かれていました。

母親ユードリアの教育方針は徹底的に自立した女性を育てる教育でした。それが、処世術としてかなり役に立っていく様子も描かれています。処世術=護身術ばかりではありませんが、かなり『お転婆』に育ち、猛烈なスピードで疾走する列車から飛び降りても怪我一つしない運動神経を備えていたのは驚きです。

ストーリーの展開としては、最初の大きなポイントは母親ユードリアの唐突な失踪事件にありました。しかし奇妙な暗号は残していましたが、エノーラが巻き込まれていく青年貴族絡みの事件と母親の失踪そのものの関係が最後の最後まで良く分からず、頭の中ではもやもや感が晴れない時間が長く続きました。

やがて、兄シャーロックは母ユードリアが女性の権利向上を目的とした革命家であることをエノーラに教えます。自分が革命家であるこで、子供・家族に危害が加えられることを案じて自分自身の身を隠したという事が分かって来ます。

また、16歳の主人公の少女が演じるにしては、余りに大胆なアクションシーンの数々には正直驚きました。また、ストーリーの展開も当に『シャーロック・ホームズ調』の小気味よいスピード感に感心しました。また、100年以上前のロンドン市井の様子が忠実に描出されている点も本作映画を見る上では見逃せないポイントではないかと思います。

なお、殺し屋リントホーンの、16歳の少女に対する攻撃は、余りに情け容赦がなく、ちょっと大人げない様な気がしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました