>

既婚者同士が恋に落ちたら、、、家族がありながらも変わることのない複雑な恋愛感情を描出『恋に落ちて』ロバート・デ・ニーロ、メリル・ストリープ共演の純愛映画【感想】

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

『恋に落ちて』のあらすじと概要

既婚者同士が恋に落ちたら、、、家族がありながらも変わることのない複雑な恋愛感情を、デ・ニーロとストリープの名優を共演させ、ニューヨークを舞台に、「自然」なムードで展開するロマンチックな大人の純愛映画が展開されます。

クリスマス・イヴのニューヨークの老舗書店リゾーリで運命的な出会いをしたフランクとモリー。ふたりは同じ通勤列車に乗り合わせた事をきっかけに急速にお互いを意識し始め、デートを重ねる度に精神的に魅かれ合って行く存在となっていきました。マンハッタンのグランド・セントラル駅が頻繁に出会いの場所となっています。

しかしながら、お互いそれぞれには申し分のない家庭があり、いけないと思いながらも互いの感情を抑えられなくなってきた頃、双方の家族に浮気がばれてしまうことになります。

人間の心理の微妙な揺れ動きを丁寧にストーリーとして描き上げたマイケル・クリストファーの脚本と、ニョーヨーク・ロケをふんだんに盛り込んだウール・グロスバードの演出効果が非常に素晴らしく、いつになっても色褪せる事の無い(純愛)恋愛映画となっています。

映画が公開された1985年には、この映画にインスパイアされたドラマ『金曜日の妻たちへⅢ 恋におちて』が放送され、高視聴率を獲得して大変ブームになっていたのを覚えています。わたしはTVドラマそのものを実際見ていませんでしたが、主題歌”恋におちて-Fall in Love”も小林明子の歌で大ヒッし、その後、カラオケで何年かずっと聞かされることになりになりました。 

1984年製作/アメリカ
原題:Falling in Love

U-NEXTで無料トライアル視聴が可能です。

U-NEXT

『恋に落になりちて』のスタッフとキャストについて

ウール・グロスバード監督:ベルギー・アントウェルペン出身の映画監督、失踪していた息子の帰還にとまどう家族の姿を描いたドラマ「ディープエンド・オブ・オーシャン」など映画作品があります。

ロバート・デ・ニーロ(フランク):無軌道な若者を演じた「ミーン・ストリート」で注目をされ、コッポラの「ゴッドファーザーPARTⅡ」で若き日のコルレオーネ役を演じアカデミー助演男優賞を受賞。そして「タクシードライバー」で当時の映画ファンに強烈な衝撃を与えた。この辺りから本格的に名前が知られるようになった。どちらかというとマフィア役の印象が強く、本作品の様に恋愛ものへの出演はそれ程多くないのではないか。

映画感想投稿記事はこちら:

映画感想|『レナードの朝』(1991/ペニー・マーシャル監督)神経科医オリバー・サックスが実体験をつづった奇跡の医療ノンフィクション

感想|「マイ・インターン」(2013/ナンシー・マイヤーズ監督)ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ共演のヒューマンドラマ

アイリッシュマン 映画レビュー

メリル・ストリープ(モリ―):。1977年の「ジュリア」で映画デビュー。翌年の「ディア・ハンター」でオスカー助演女優賞に初ノミネートを果たす。そして79年の「クレイマー、クレイマー」でアカデミー助演女優賞を受賞。82年には「ソフィーの選択」で主演女優賞を獲得した。以降、「シルクウッド」「恋におちて」「マディソン郡の橋」「プラダを着た悪魔」など数多くの作品に出演し、その確かな演技で観客を魅了し続けている。これまでアカデミー賞ノミネートされること17回と最多となっている代表的な名女優。

投稿記事はこちら:

映画感想|『ザ・プロム』(2020/ライアン・マーフィ監督)メリル・ストリープとニコール・キッドマン共演のミュージカル映画

映画感想|『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017/スティーブン・スピルバーグ監督)新聞存在の意義を問う映画!

『恋に落ちて』の感想ネタバレ

諸手を挙げて二人を応援できないのが少し残念なストーリーの映画でした。ロバート・デ・ニーロだから許される、メリル・ストリープであれば不倫は許されるという代物ではないような気がします。純愛的な不倫も無いし、応援したくなる様な不倫も本来は無いと思いました。登場人物のそれぞれの元のパートナーが可哀想な気がします、という考えは「映画ファン」にとっては勿論もっともダメな感想なのかも知れませんが、、、(夢が無いと言われそう)

映画は架空の作り話なので、そんなに目くじらを立てて、とやかく言う必要は無いよというのか、不倫の末には悲惨な結末が待ち構えていますよということであったり、教訓めいた内容も少し示して置くという配慮もするべきなのか、或はそんな事はどっちでもいいよ、「映画は夢を与えるもの」というのか、人によって見方、映画に求めるものは千差万別だと思います。

登場人物二人が未婚で、それこそ純粋なごく普通の恋愛映画であったなら、この映画の魅力は無くなってしまうのでしょうか? 多分、わたしの想像ですが、純愛映画であったならば、デ・ニーロもストリープもこの役を引き受けなかったかもしれません。「不倫」の関係だからこそ二人は敢えて演じてみたという気になったのでしょう。実際、映画の撮影が開始される以前に、ふたりは一週間に一度は必ず会い、映画の演技などの打ち合わせの時間を十分に持った程の力の入れようだったそうです。この事からも、二人にはより現実に迫る映画を作り上げて行く、という強い意志がありました。

一方、わたしは30数年年サラリーマンをやり、毎日電車通勤していましたが、電車の中で心ときめく出会いなどまったく無かったのは非常に残念でした。また。本屋もよく立ち寄りますが。ほとんどの場合、本の売り場は無味乾燥な空間でした。

これから、まだまだ電車に乗る機会も本屋に行く機会はあるので、何かあったらまた別の機会に結果報告出来ればと思います。(但し、あまり期待はできません!)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました