>

おすすめ映画|『プレステージ』(2006/クリストファー・ノーラン監督)

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
David MarkによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

PexelsによるPixabayからの画像

『プレステージ』のあらすじと概要

「メメント」「バットマン・ビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が、クリストファー・プリーストの小説「奇術師」を映画化。19世紀末のロンドンを舞台に、ライバル関係にある2人の天才マジシャンが、お互いの意地とプライドを賭けて戦いを繰り広げる。

冒頭シーンでは、19世紀末のロンドン。ボーデン(クリスチャン・ベール)はライバルであるアンジャー(ヒュー・ジャックマン)の瞬間移動マジックを調べるため、彼のマジックの最中に舞台下に侵入する。するとアンジャーはボーデンの目の前で、2人にとっていわくつきの水槽に落ちて溺死。そばにいたボーデンはアンジャー殺害の容疑で逮捕されるところから、物語が始まります。

主演のマジシャン2人にはヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール。マジック監修はデビッド・カッパーフィールドが担当する。

【DMM見放題CHライト】7000本以上の動画が見放題!

 

David MarkによるPixabayからの画像

『プレステージ』のスタッフとキャストについて

クリストファー・ノーラン監督・脚本:「インセプション」(10)、「インターステラー」(14)、「TENET テネット」(20)などオリジナル脚本の超大作を手がけ、「ダンケルク」(17)では実話の映画化にも挑戦した。

作品投稿記事➢

感想ネタバレ|『インセプション』(2010年クリストファー・ノーラン監督)レオナルド・ディカプリオ主演SFアクション映画

おすすめ映画|『インターステラ―』(2014/クリストファー・ノーラン監督)

映画感想|『TENETテネット』(2020/クリストファー・ノーラン監督)”時間”が逆行してしまう最新SFアクション

クリスチャン・ベール:1974年生まれ、イギリス/ペンブルックシャー州出身。クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」3部作(05~12)のブルース・ウェイン/バットマン、「ターミネーター4」(09)のジョン・コナーと人気シリーズの顔を務める。➢孤児として生まれ育ち身元が謎に包まれた奇術師。下積み時代に水槽の脱出マジックの事故を引き起こし、アンジャーの妻を死なせてしまう。

おすすめ映画|『バイス』(2018/アダム・マッケイ監督)「アメリカ史上最強で最凶の副大統領」と呼ばれたディック・チェイニーを描く伝記映画!

映画感想|『マネーショート 華麗なる大逆転』(2015/アダム・マッケイ監督)原作はマイケル・ルイス著ノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」

おすすめ映画|『フォードvsフェラーリ』(2019/ジェームズ・マンゴールド監督)絶対王者フェラーリに挑んだ男たちの実話 

ヒュー・ジャックマン:1968年生まれ、オーストラリア・シドニー出身。3作目の「X-メン」(00)でハリウッドに進出する。演じるウルヴァリン役は「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターとなり9作品に登場している。➢育ちがよく貴族の出身である奇術師。下積み時代に水槽の脱出マジックの事故で妻を亡くしたことで、ボーデンが縛った結び目に疑問を持ち強い憎悪を抱いている。

映画感想|『レ・ミゼラブル(2012)』(トム・フーパー監督)パンを盗んだ罪で19年間服役後のジャン・バルジャンの後半生

おすすめ映画|『タロットカード殺人事件』(2006/ウッディ・アレン監督)

スカーレット・ヨハンソン:➢レビュー|映画「マリッジ・ストーリー」(2019)スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー共演の離婚劇!

アンジャーの奇術の助手。

マイケル・ケイン:1933年生まれ、英ロンドン出身。15歳で学校を退学し様々な職業に就いた後、軍隊に入り朝鮮戦争に参加する。退役後は演劇に興味を持ち、舞台監督助手の職を得て、1954年の映画「ケイン号の叛乱」からとったマイケル・ケインを芸名にする。00年にナイトの称号を授与される。

デヴィッド・ボウイ(二コラ・テスラ役)

見逃し配信バナー

Klaus StebaniによるPixabayからの画像

【DMM見放題CHライト】7000本以上の動画が見放題!

『プレステージ』のネタバレ感想

映画の最初の場面で出て来る瞬間移動の手品でアンジャーは最愛の妻を溺死させてしまいます。この手品のトリックがどうなっているのか良く分かりませんでした。一度水槽に転落したものが、どこかに再度現れるというものだと思われますが、びしょびしょに濡れてしまってたとえ水槽から無事出られたとしても濡れた髪の毛とかはどう乾かすのか不明でした。

エジソンに対抗して交流電気を開発した二コラ・テスラが米・コロラド州に実験施設を構えていました。二コラのお蔭でコロラド州は電力が供給され、どの家庭も夜は電灯が灯り快適な生活を送っていました。ここでも二コラが開発した瞬間移動の仕組みが余り良く分かりませんでした。精度はイマイチでしたが、シルクハットは何度も瞬間移動(コピー)に成功していた様でしたが、、、

(ネタバレ要注意!!

その手を使ってしまってはマジックショーではなくなるでしょう!と言われかねません。ボーデンは瓜二つの兄弟(双子)がいたということにはびっくり仰天しました。それよりも前に死んだ筈のアンジャーがコールドロウ卿として復活してくるシーンにも驚きました。訳のわからなくなる展開は、当に映画自体がマジックショーだったということなのでしょうか! 執念深い二人の世紀の魔術師の因縁対決は大変見どころがあったのですが、この種明かしには、正直少々拍子抜けの感は否めません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました