>

おすすめ映画『君のためなら千回でも』(2007/マーク・フォースター監督)感想‣子供の持つ無邪気さと残酷さ…

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
(C)2007 DreamWorks LLC and Kite Runner Holdings, LLC. All Rights Reserved.
スポンサーリンク

『君のためなら千回でも』のネタバレ感想・見どころ

【ご注意 ネタバレ有り】

内乱の国アフガニスタンというだけで、実態は如何なのかという情報は極めて限定的です。また、中村医師が殺害されるという恐ろしい事件などが発生した国としてのイメージは最悪です。本作70年代のアフガニスタンは緑も多く、民族差別、貧富の差などの問題点も描かれているものの、平和な国という雰囲気が漂っていました。

ところが、ソ連軍の侵攻以降政情が不安定となり、タリバンによって支配される様子は目を覆いたくなる様な惨状が描かれていきます。そんな時代背景がありますが、本作で描かれているテーマはアフガニスタンの国情ではなく、ふたりの少年の間に生じたある”事件”にスポットを当てています。

主人公アミールの少年が、同年代であった使用人の子供ハッサンと交流する姿がとても清々しく描かれます。(ネタバレになりますが…)なんとこの二人は実の兄弟であることが後々分かってくるところが何とも言えない気持ちになります。(性格はまったく違うように描かれています)

ハッサンは自分を庇おう(アミールの大切な”凧”を庇う)として、粗暴な少年たちに恐ろしい集団リンチを受けます。アミールは物陰から見ているだけで、勇気を出し助ける事が出来ずに終わってしまいます。この事件を切っ掛けに二人の仲は深い溝が出来て深まるばかりでした…

その後のソ連軍の侵攻があり、アミールは父親と共にパキスタンに脱出、米国へ亡命という道を歩みます。やがて大学を卒業します。父親の期待は医者になる事でしたが、本人は作家となり小説を出版しています。

本作後半では運命に導かれるかのようにアフガニスタン・カブールに立ち戻り変わり果てた故郷を目の当たりにして呆然とします。しかし、かつての親友(実の弟)ハッサンの息子に巡り会うという感動的な結末を迎えます。

正直何が起こっているのか”訳の分からない”恐ろしい国というイメージが少しだけ変わった様な気分になる映画です。そういう意味では本作は一見の価値がある映画かなという気がします。

『君のためなら千回でも』のあらすじと概要

1970年代のアフガニスタンが舞台。兄弟のように育ち仲良く遊ぶアミールと使用人の子である親友ハッサンでしたが、街中が沸き立つ凧揚げトーナメントの日、アミールはハッサンが、ハザーラ人を嫌う青年たちに襲われるのを助ける事が出来ずただ傍観してしまいます。やがて、この事はハッサンに対する“裏切り”行為としてずっと心の底に残ってしまいます。。やがてソ連がアフガンに侵攻を開始、アミールは心にしこりを残したまま、父と共にアメリカに亡命します。「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督が、アフガン出身の作家カーレド・ホッセイニの原作小説(全世界で800万部以上を売り上げたベストセラー)を映画化したヒューマンドラマ。

2007年製作/129分/アメリカ
原題:The Kite Runner

『君のためなら千回でも』のスタッフとキャストについて

マーク・フォースター監督:ドイツで生まれ。ハル・ベリーを黒人女優初のオスカーに導いた「チョコレート」(01)で国際的に知られるようになります。続いてジョニー・デップとケイト・ウィンスレットが共演したヒューマンドラマ「ネバーランド」(04)を監督。

おすすめ映画感想|『ネバーランド』(2004/マーク・フォースター監督)ジョニー・デップ主演の戯曲『ピーター・パン』創作にまつわる人間ドラマ【U-NEXT視聴】

公開中新作映画『オットーという男』(2022/マーク・フォースター監督)感想‣妻に先立たれ、会社を退職したオットー、生きる意味を失いかけた男に起きる意外な出来事…

ハリド・アブダビ(青年時代のアミール):
ゼキリア・エブラヒミ(少年時代のアミール):幼少期、アフガニスタンの首都・カブールで裕福な家庭に育ち安定した生活を送っていた少年。優秀さを求める父親の期待に応えられず、常に劣等感を抱いていたが、使用人の息子・友人でもあるハッサンが救ってくれた。彼の出産時に母親は亡くなっていました。物書きの才能がある。凧合戦の日にハッサンがリンチを受けているのを知りながら助けなかったことにアミールは罪悪感を持ち、ハッサンと距離を取り始めることになります。この事が後々まで悔いとして残ります。

アフマド・ハーン・マフムードザダ(ハッサン):アミールの屋敷に使用人として仕えていた少年。文字の読み書きはできないが、運動に長けていていつもアミールの味方になっている。心優しい、責任感の強い少年。

ホマユーン・エルシャディ(アミールの父親ババ):アミールの父。財力もある権力者。アミールに男らしく育ってほしいと期待していた。ハッサンの父・アリとは兄弟のように育ち、とても大事な存在だと思っている

アトッサ・レオーニ(アミールの妻ソラヤ):タヘリ将軍の娘。

コメント

タイトルとURLをコピーしました