>

おすすめ映画|『シンデレラマン』(2005/ロン・ハワード監督)家族の為、貧困のどん底から再起を果たす実在のボクサーを描く!

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
WikiImagesによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー
talha khalilによるPixabayからの画像

U-NEXT

『シンデレラマン』のあらすじと概要

「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督とラッセル・クロウが再び組んで実在したボクサーを描く感動の伝記映画。

1930年代の大不況下のアメリカ。強力な右ストレートを武器にのし上がって来たブラドックは、負傷のためプロボクシングの世界から引退し、港湾作業員として日雇いの肉体労働者となっていました。しかし、不況の為収入もわずかばかりで一家5人が食べる事さえも困難な状況でした。借金の為、電気代も払えず電気を止められる様な極貧の生活を続けていました。

ジェームズ・J・ブラドッグが、愛する妻と子供のため、まったく勝ち目のない、ボクシング・ヘビー級王座に挑戦するシーンは、貧困に喘ぐ多くの人々を勇気づけ、スポーツ記者からは「シンデレラマン」と呼ばれていました。ジェームズのどん底から這い上がり栄光を取り戻すまでを描く感動の実話。

ジェームズを見守る妻役でレニー・ゼルウィガー、マネージャー兼トレイナー役で「サイドウェイ」に主演したポール・ジアマッティが共演しています。

ボクシング関係映画には傑作が多いです ➢

映画感想|『レイジング・ブル』(1980/マーティン・スコセッシ監督)実在のボクサー、ジェイク・ラモッタの半生

おすすめ映画|『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/クリント・イーストウッド監督・主演)

おすすめ映画|仏映画『負け犬の美学』(2017/サミュエル・ジュイ監督)

José Luis Sordo MontesによるPixabayからの画像

U-NEXT

『シンデレラマン』のスタッフとキャストについて

ロン・ハワード監督:俳優としてシットコム「メイベリー110番」(60~68)や映画「アメリカン・グラフィティ」(73)に出演。

おすすめ映画|『天使と悪魔』(2009/ロン・ハワード監督)

映画感想|『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』(2020/ロン・ハワード監督)アメリカの繁栄から取り残された白人たち

おすすめ映画|『遥かなる大地へ』(1992/ロン・ハワード監督)トム・クルーズ、ニコール・キッドマン夫婦の共演作品

ラッセル・クロウ(ジム・ブラドッグ):ニュージーランド出身。満身創痍でヘビー級チャンピオンの座を手にする死闘は歴史に残る名演技

ラッセル・クロウ出演映画おすすめ10選(好み順)善人、悪人、戦う人、パパ、どんな役でもはまり役!

レネー・セルウィガー(メイ・ブラドッグ):1969年生まれ、米・テキサス州出身。リチャード・リンクレイター監督の「バッド・チューニング」(93)でスクリーンデビューし、トム・クルーズの相手役を演じた「ザ・エージント」(96)でブレイク。

おすすめ映画|『奇跡の絆』(2017/マイケル・カーニー監督)レネー・ゼルウィガー主演の人間ドラマ

おすすめ映画|『ジュディ 虹の彼方に』(2019/ルパート・グールド監督) レネー・ゼルウィガーによるジュディ・ガーランドの半生

ポール・ジアマッティ(ジョー・グールド)名脇役、真骨頂の名演技が映画を引き立てます!

映画感想|『プライベート・ライアン』(1998/スティーブン・スピルバーグ監督)

おすすめ映画|『それでも夜は明ける』(2013/スティーブ・マックイーン監督)歴史ドラマ映画

おすすめ映画|『私がクマにキレた理由(わけ)』(2008/シャリ・スプリンガー、バーマン ロバート・プルチーニ監督)スカーレット・ヨハンソン主演のコメディ・ドラマ

Vic PadillaによるPixabayからの画像

U-NEXT

『シンデレラマン』のネタバレ感想

ブラドックが挑戦するヘビー級世界王者マックス・ベアはとてつもない破壊力のある強烈なパンチで、これまで、なんとリング上で二人の対戦相手を死亡させるという恐るべき相手でした。ロン・ハワード監督の映画作りが上手く、どん底から這い上がって行くブラドックを、家族が見守る姿や彼と同じような境遇の貧困層の大きな声援、臨場感溢れる映像に引き込まれました。ラジオの実況放送に聞き入る大勢のボクシングファンがブラドックの対戦状況(優勢・劣勢状況は刻々と変化する)に一喜一憂する姿も実に見事に描かれており一瞬もスクリーンから目が離せませんでした。

チャンピオンの殺人パンチが炸裂すれば、ブラドックと言えども命の保証はありません。また、彼には脇腹あばら骨に過去の対戦相手との古傷を抱えるなど不利な状況もあります。しかしながら、対戦はもつれにもつれてましたが、誰が見てもブラドック優位な状況で最終15ラウンドを終了します。

審判の判定が集計されますが、最終結果発表はかなり手こずっていました。漸く期待通り挑戦者ブラドックの勝利が告げられ、ほっとしました。前評判は圧倒的に不利だった状況をひっくり返しての感動的な見事な勝利でした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました