>

おすすめ映画|『この森で、天使はバスを降りた』(1996/リー・デヴィッド・ズロトフ監督)96年サンダンス映画祭観客賞受賞のヒューマンドラマ

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

U-NEXT

『この森で、天使はバスを降りた』のあらすじと概要

Please do not use my photos show people for commercial useによるPixabayからの画像

舞台はアメリカ、メイン州の田舎町ギリアド。傷害致死の罪で5年服役しているパーシー・タルボット(アリソン・エリオット)は、観光局で真面目に働いていました。ようやく服役が終わり、罪を背負ったパーシーは人生を意力いちからやり直す為、ギリアドという小さな村に移り住む決意をしました。その地の保安官に紹介され、ひとりの女主人ハナ(エレン・バースティン)が切り盛りする食堂「スピットファイア・グリル」で、住み込みで働くことになりました。当初は女主人を含め、村中の人々はよそ者を厄介者扱いし、中々馴染めません。特にハナの甥で不動産屋を営むネイハム・ゴダード(ウィル・パットン)は強烈な猜疑心をパーシーに向けてきました。売りに出さているその食堂の新たな買取主を探す為に作文コンテストの開催の提案を契機に、排他的な村に徐々に馴染んでいくパーシー。しかし彼女は誰にも言えない過去の重い秘密を抱えていました。

更に、この食堂には夜中に麻袋に缶詰を入れておくと、森の男がやって来て、朝方薪が綺麗に割られており、お礼に置いておいた麻袋の食料はいつも無くなっていました…

U-NEXT

『この森で、天使はバスを降りた』のスタッフとキャストについて

CouleurによるPixabayからの画像

リー・デヴィッド・ズロトフ監督:もともとTVドラマの監督活動が中心で、今回劇映画監督は初めて。

アリソン・エリオット(パーシー役):最近の映画『荒野にて』にも出演していたようです。

感想投稿記事はこちら:荒野にて 映画 レビュー

エレン・バースティン(食堂女主人ハナ役):大変な芸歴の持ち主で、1973年の『エクソシスト』では悪魔に取り憑かれた娘の母親役を演じ、アカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされている。女優になる前はモデル・ショーガール・ナイトクラブのダンサーなどをしていた。そして1957年にブロードウェイにデビューするチャンスを掴む!

マルシア・ゲイ・ハーデン(女主人花の甥のお嫁さん): 人柄は非常に良く、数少ないパーシーの良き理解者、夫ネイハムが猜疑心のかたまりなのが残念。

『この森で、天使はバスを降りた』のネタバレ感想

rottonaraによるPixabayからの画像

原題は『The Spitfire Grill』というそのままの題名乍ら、日本語名に釣られて見た映画。不思議と印象に深く残る映画で、あまりに悲劇的な結末、主人公のパーシーに一筋の光明も無く悲しいストーリーに絶句!

刑務所に服役する理由については劇中本人の口から明らかにされているが、不可抗力のところはあり、情状酌量で殺人であるにもかかわらず、わずか5年実刑で許されたのではないかと思う。一からやり直す覚悟で、田舎町にやってきたが、そこは田舎町にありがちなよそ者に対する猜疑心は強い。服役中に観光局に勤務していたこともあり、訪問したギリアド村が珍しい花崗岩が採掘されるという事でこの地を第二の人生の出発点に選んだらしい。

女主人ハナも田舎人特有の口は悪いし、疑い深い点は村人と共通するが、渋々ながらもパーシーを住み込みで雇い始めるというやさしい一面は持っていた。

最悪の存在はハナの甥甥ネイハムだ。彼は作文コンテスト参加者より集まった参加費20万㌦という大金はパーシーに狙われていると勘違いして、自分で叔母の店の金庫から現金20万㌦を抜き出し、そこにほったらかしになっていた麻袋に入れて、パーシーの姿が見えると、袋を投げ出している。

翌朝、現金が消えていることにハナは気づき、パーシーの姿も消えた為、村中で山狩りとなった。パーシーは『山の男』を守ろうとして川に入るが、運悪く急流にのまれ命を失う。

最後に『山の男』はハナのベトナム戦争帰りで行方不明だった息子イーライであることが分かるが、何らかの理由で現実社会への適用性を失い、山にこもっていたが、パーシーとの交流を契機に自分の家に戻る決意をしたのかもしれない。

パーシー自身は幸せにはなれなかったものの彼女が存在した村全体を以前の村の雰囲気を”変化”させた力は非常に大きいのではと感じた。非常に短い時間だったけれども、彼女が残した影響力はそれなりの余韻を村人の心に残して行ったものと思う。そういう意味では邦題の『天使』という言葉は決して大袈裟なものではなく、本作品の本質をついているなぁと感心しました。

少し雰囲気のに通った映画の感想投稿記事はこちら:

幸福なラザロ 映画 アリーチェ・ロルヴァケル監督作品レビュー

魂のゆくえ 映画 巨匠ポール・シュレイダー監督作品レビュー

最後に

Free-PhotosによるPixabayからの画像

シェルビー役のマルシア・ゲイ・ハーデンは一瞬ニコール・キッドマンかと思ったら違いました。余り知りませんでしたが、『ミスティック・リバー』『ジョー・ブラックをよろしく』など有名映画に多数出演している様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました