>

おすすめ映画感想|『ショーシャンクの空に』(1994/フランク・ダラボン 初長編映画作品)

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
Michelle MariaによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

『ショーシャンクの空に』あらすじと概要

Xavier EspinosaによるPixabayからの画像

スティーブン・キングの中編「刑務所のリタ・ヘイワース」をティム・ロビンス&モーガン・フリーマン主演で映画化した人間ドラマ。

長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッド(フリーマン)と無実の罪で収監された元銀行副頭取アンディ(ロビンス)の友情を軸に、アンディが巻き起こす数々の奇跡が描写される。

監督・脚本は本作で長編映画デビューを果たしたフランク・ダラボン。94年度のアカデミー賞では作品賞を含む7部門でノミネートされたものの「フォレスト・ガンプ/一期一会」の影に泣き、無冠に終わったが、映画ファンに愛される名作として語り継がれ、その後ビデオ販売やレンタルによって今でも絶大な人気が広く浸透している名作に数えられている。

映画感想|『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994/ロバート・リー・ゼメキス監督)トム・ハンクス主演の大爆笑ヒューマンドラマ

『ショーシャンクの空に』スタッフとキャストについて

jacqueline macouによるPixabayからの画像

フランク・ダラボン監督:本作品「ショーシャンクの空に」(94)では自らメガホンを取り、長編監督デビューを果たす。同作はアカデミー賞で作品賞・脚色賞を含む7部門にノミネートされ、映画ファンに愛される名作となった。同じくキング原作の「グリーンマイル」(99)も同作品賞など4部門の候補となった。

映画感想|『グリーンマイル』(2000/フランク・ダラボン監督)タラボン監督&スティーブン・キング脚本コンビが放つ感動作

モーガン・フリーマン:絶望的な刑務所の中で、唯一アンディーの良き理解者となり、陰ながら応援している。常識を持った人間ながら、殺人を犯し罪を償っているいるが保釈される。      90年代には「許されざる者」(92)、「ショーシャンクの空に」(94)、「セブン」(95)などの名作・話題作に出演し、米映画界にとって欠かせない存在となった

感想|映画「セブン」(1995/デビット・フィンチャー監督)ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン共演のサスペンスの傑作

ティム・ロインズ:無実ながら殺人罪(冤罪)で終身刑となる。刑務所所長を初め、未曽有の最悪の環境の中を何とか生き抜き、無事悲願の出獄をはたす。

95年は監督作「デッドマン・ウォーキング」が話題を呼んだ。03年にはイーストウッド監督の「ミスティック・リバー」でアカデミー助演男優賞を受賞した

『ショーシャンクの空に』ネタバレ感想

Jan HaererによるPixabayからの画像

無実にも関わらず、殺人の罪を着せられ19年間も服役後に脱走に成功しています。パン一個を盗んで20年のジャン・バルジャンと同じような境遇です。

ノートン所長は大変な悪党で、業者から賄賂を贈られ大変なお金を不正に蓄財しており、その管理や節税方法をアンディーに任せています。自分の不正・腐敗が暴かれそうになると平気で関係する囚人の命を奪うというかなりの悪党です。但し、聖書だけは良く読んでいる熱心なキリスト教信者であることが少し腑に落ちません。

刑務所内の刑務官の囚人の取り扱いは信じられない様な劣悪な環境なので、びっくり仰天しました。また、囚人同士にもパワハラ、セクハラが横行してどうしようも無い環境である事が良く分かります。主人公アンディ(ティム・ロビンズ)はこの環境の中で19年間も耐えていました。友人のレッド(モーガン・フリーマン)が心の支えにはなっていたでしょうが、やはり、脱獄するという大きな目的があったので、何とか気の遠くなる様な長い時間の屈辱に耐える事が出来たのだと思います。

ティムは刑務所の中で希望を失わず、数々の奇跡を成し遂げている事が、見る人に共感を呼ぶに違いありません。元銀行の副頭取でもあったことから会計の知識が豊富で、相続税の節約、子供の学士ローンの組み方などを刑務官らにアドバイスしたり、実務を引き受けたりしています。しかし、この話には裏がありノートン所長の不正蓄財に加担していたことから、アンディーが出獄出来ない様に殺人まで犯しているから驚きでした。

さらに、受刑者に高校卒業の資格取得をする様に教育をしています。また、刑務所内に図書室を充実するように政府に嘆願書を送り続け、とうとう予算を獲得してしまいます。これらの超人的な行動の原動力はすべて、自由になる為に脱獄することだったのです。しかも、穴を掘って抜け出す計画は入所直後から実行に移されるという手際の良さです。壁の穴をこつこつ掘る為にちいさなハンマーを入手しています。このハンマーの隠し場所は何と聖書の中でした。まt、壁穴を隠す為に、映画女優(リタ・ヘイワース)の大型ポスターも手に入れています。

元銀行家あらしい超緻密な計画性と大胆さがあったからこそ成功したのだと思いました。

最後に

壁を抜け出した後、460㍍に及ぶ細い下水管を通り抜けて外界に脱出しています。途中で汚物が詰まっている所を何度も死に物狂いで潜り抜けた事でしょう。良く生き延びて出獄し、無事メキシコまで辿りつけたものです。

なぜ、ここまで人の心を打つ映画なのか?それはどんな困難な環境の中でも、決して希望を失わない事に尽きると思います。

内容的には全く関係ありませんが、最近見た刑務所を舞台とする映画の感想記事はこちら⇩

感想|『シャッター アイランド』(2010年/マーティン・スコセッシ監督)レオナルド・ディカプリオ主演のミステリー映画

コメント

タイトルとURLをコピーしました