>

おすすめ映画|『エリックを探して』(2009/ケン・ローチ監督)エリック・カントナ本人出演のコメディードラマ

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
Adriana goisによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

「エリックを探して」のあらすじと概要

Jakub MularskiによるPixabayからの画像

『わたしは、ダニエル・ブレイク』などで知られるケン・ローチ監督がメガホンを取り、プロサッカーチーム、元マンチェスター・ユナイテッドで活躍した“キング”こと元エース・ストライカー、エリック・カントナが本人役で出演するとても奇抜でユーモラス溢れたほのぼのとした人間ドラマ。カントナの言葉に導かれ、他人と交わることによって、うだつの上がらない主人公の人生が少しずつ好転していくプロセスを実に面白く描ていく。主演のスティーヴ・イヴェッツやカントナの好演はもちろん、随所に挟み込まれるカントナ自身の名プレー・シーンにも大注目!

マンチェスターの郵便配達員エリック(スティーヴ・イヴェッツ)が、大ファンであるサッカー選手のエリック・カントナのポスターに語り掛けると、部屋の中にカントナ本人(エリック・カントナ)が突如出現する。別れた最初の妻、リリー(ステファニー・ビショップ)への思いを断ち切れないエリックに、カントナはアドバイスを送る。カントナが話すサッカーの極意はシュートではなくパス。信頼出来る仲間との連携プレーにこそ価値があるというのだ。それからも、カントナはたびたびエリックの前に現れ、様々な人生の助言をしてくれる…

ケン・ローチ監督の最近見た映画のレビュー記事はこちら:

レビュー|「麦の穂をゆらす風」2006年社会派ケン・ローチ監督がアイルランド紛争を描いた悲劇!

わたしは、ダニエル・ブレイク  ケン・ローチ監督 映画レビュー

レビュー|「この自由な世界で」ケン・ローチ監督が描く現代の競争社会のありのままの姿!

レビュー|「やさしくキスをして」(2004)巨匠ケン・ローチ監督の”傷だらけの”ラブロマンス!?

家族を想うとき 映画 ケン・ローチ監督作品 英労働者階級,現実社会の衝撃的な真実を描写 レビュー

「エリックを探して」のスタッフとスキャストについて

KenkyによるPixabayからの画像

ケン・ローチ監督:移民問題、社会底辺層の問題ばかりを積極的に専売特許として取り上げているが、たまにはこんなコメディー映画も撮れるんだと感動した。

スティーヴ・イヴェッツ(エリック役):人生のどん底に落ちている?中年ダメ男と、彼を支える仕事仲間たちの男子会の屈託のない笑い、チーム・プレーの効能でとてもいい気分になれること間違い無し・

エリック・カントナ(本人):「サッカーの極意はシュートではなくパス。信頼出来る仲間との連携プレーにこそ価値がある」などなど非常に為になる人生訓が目白押し、、、やはり最後の「何でも話せるのが仲間だ!」という言葉にはチームプレイ第一のサッカープレイヤ―が言うだけに重みがある。

ステファニー・ビショップ(リリー役):冷静な彼女は、若い時理由も分からずに立ち去ったエリックを最後にはゆるすところが、良い。カントナの名言「最も高貴な復讐は赦す事」という言葉をかみしめてみたい。

見逃し配信バナー

「エリックを探して」のネタバレ感想

MaxssxによるPixabayからの画像

エリックの郵便配達員の仲間は気の置けない、いい奴ばかりで、大変恵まれています。交通事故後に職場に何とか復帰できましたが、気もそぞろ、まるで仕事に身が入らない。見かねた仲間が、元気がない時には笑うのが一番だという、わざわざ『自己啓発本』を読まなくても分かりそうな知識を活用して、ひとりひとり近寄って来ては、エリックに面白い話をし、何とか笑わせようようとする。アホらしくなる提案だが、仲間は大真面目で、エリックを気遣う様が良く伝わって来るシーンでした。

彼らは暇さえあればパブでビールを飲んだり、サッカーの応援に出掛けたりと大抵は集団で行動するのが習慣になっています。少々小太りのメンバーをあだ名で「ミートボール」と呼んでいたのが耳から離れませんでした。

エリックの家庭環境は複雑です。現在一緒に住んでいるのは2番目の奥さんの連れ子2名だろうと思われます。彼らは勝手し放題で学校にろくに通っている様子がありません。女友達を家に連れ込んだり、ごろつきの仲間を部屋に呼び、いつもつるんでいます。父親の威厳を示して、強くコントロールすることが出来ておらず、家庭内での存在感がまったくありません。

最初の奥さんのリリーは、エリックの人生の絶頂期で若く、踊りが上手で華やいでいた頃に出会って結ばれた良い思い出があります。その幸福も長くは続かず、子供を妊娠した頃にはリリーから離れてしまい戻って来なかった後ろめたい過去があります。実の娘とは以前から連絡は取りあっていましたが、気になっていたそのリリーには会う事を恐れていました。

そんなある日、サッカー界のスーパースタ―でマンチェスターUのエリック・カントナ、エリックの永遠の憧れの人が目の前に出現しました。元気の無いエリックを勇気づけるアドバイスを開始します。カントナ自身も「欠点だらけの天才」と呼ばれているらしく、決してすべてが100満点では無くても、突出した魅力で、存分にファンの心を鷲掴みしているようでした。

今までは、何もかも全く自信が持てす人生を諦めかけていました。スーパーヒーローカントナのアドバイスなので、聞かない訳にはいかず、何もかもを言われたとおりにやろうとすることで、いつの間にか人生が好転し始めるという夢の様なストーリーです。

見逃し配信バナー

最後に

luvmybryによるPixabayからの画像

一体だれの着想なのだろうか? カントナ自身がカントナ役で映画に出てきてふがいない中年オヤジに次々に人生のアドバイスをしてくれて、人生が思いもよらず好転していく…気の持ちようひとつで人生はどうにでも変える事が出来るという事を語ろうとしているようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました