>

おすすめ映画|『アンタッチャブル』(1987/ブライアン・デ・パルマ監督)

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
TommyVollmeによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

見逃し配信バナー

Lisa McKinleyによるPixabayからの画像

『アンタッチャブル』のあらすじ概要

1930年、禁酒法下のシカゴ。財務省から派遣された特別捜査官エリオット・ネスは街を牛耳るギャングのボス、アル・カポネに敢然と戦いを挑む。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネスの自伝を基にしている。なお自伝は既に1959年にテレビドラマ化され名作TVシリーズ「アンタッチャブル」として大ヒットしていたものをリメイク・映画化した。

ベテラン警官のマローンを始め、警察学校の生徒で新米だが射撃の名手ストーン、財務省から応援にきた簿記係のウォレスといったメンバーに支えられ、ネスの捜査が始まる。しかし巨悪カポネの差し向けた殺し屋によって、ひとり、またひとりと証人や仲間の犠牲者が生まれていきます。

ケビン・コスナーはこの作品で一躍トップスターに。そしてデ・ニーロがまたも肉体改造に挑戦しました。さらに、映画を盛り立てる30年代のシカゴを見事に再現した美術や鮮烈で重厚なモリコーネの音楽も映画を盛り上げています。

日テレドラマ

RancoRによるPixabayからの画像

『アンタッチャブル』のスタッフとキャストについて

ブライアン・デ・パルマ監督:1940年生まれ、高校卒業後は、コロンビア大学で物理を学んでいたが、在学中に『市民ケーン』『めまい』に衝撃を受け、専攻を映画に変える。1976年のスティーヴン・キング原作の青春ホラー『キャリー』のヒットにより、一躍世界中に名が知られるようになる。大ヒットシリーズ第1作となった『ミッション:インポッシブル』(96)など、映画史に残る作品を手がけている。

ケビン・コスナ―(エリオット・ネス):1955年、カリフォルニア出身。製作・主演を兼ねた初監督作「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(90)では、アカデミー賞で作品賞・監督賞を含む7部門受賞の快挙を成し遂げた。

おすすめ映画|『モリーズ・ゲーム』(2017/アーロン・ソーキン監督)ギャンブルの世界に飛び込んだ元アスリートの実在の女性を描く

おすすめ映画|『ザ・テキサス・レンジャーズ』(2019/ジョン・リー・ハンコック監督)ケビン・コスナ―主演犯罪映画

おすすめ映画|『パーフェクトワールド』(1993/クリント・イーストウッド監督・主演)ケビン・コスナ―共演作

ショーン・コネリー(ジム・マローン):1930年、スコットランド生まれ。 幼い頃からアルバイトをして家計を助け、18歳で海軍に入隊するが病気のため除隊。 その後は職を転々としていたが、友人の勧めで受けたミュージカルのオーディションに合格し舞台に立ちはじめる等たいへん苦労した時代がある。

アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン):キューバ・ハバナ出身。2歳のときにキューバ革命が起こり、5歳のときに一家は米マイアミへ移住する。高校時代はプロのバスケットボール選手を目指していたが病気で選手生命が絶たれ、演技の道に転向した。

映画感想|『パッセンジャー』(2016/モルテン・ティルデゥム監督)ジェニファー・ローレンス出演SFラブストーリー

おすすめ映画|『ブラック・レイン』(1989/リドリ―・スコット監督)

パトリシア・クラークソン(ネスの妻キャサリン):

おすすめ映画|『マイ・ブックショップ』 (2017/イザベル・コイシェ監督)

感想|『シャッター アイランド』(2010年/マーティン・スコセッシ監督)レオナルド・ディカプリオ主演のミステリー映画

おすすめ映画|『それでも恋するバルセロナ』(2008/ウッディ・アレン監督)

ロバート・デ・ニーロ(カポネ)

GAORA SPORTS

StockSnapによるPixabayからの画像

『アンタッチャブル』のネタバレ感想

30年以上前の映画ですが、以前一度観たシーンをはっきり覚えていた部分も多く有りました。やはり、印象に残る映像のつくり方の妙手だと感じました。シカゴ全体を取り仕切るアル・カポネら当時のギャングの病巣の深さが伝わって来る映画でした。警察内部、市政府、陪審員まですべて金にモノを言わせ買収して手なずけしまおうという、おそるべき実態が明らかになって行きます。反対する人々は簡単に排除されてしまう極悪非道ぶりがまかり通ってたことにびっくり仰天させられました。

これに立ち向かうヒーローたちは既にTV番組で大人気となっていた様です。カナダ・アメリカ国境で騎馬に跨り、車に乗せられたビールを現金取引する場面に突如登場するシーンがあります。騎兵隊対マシンガンという妙な戦闘シーンでした。何となく時代錯誤っぽく見えてしまいますが、実際あのような取り締まり場面があったのかもしれません。やはり、1930年代とはあんな時代だったのかもしれません。

なお、ショーン・コネリーが格好いい巡査役で冒頭シーンに出てきます。憎いセリフにエリオット・ネスは感激してしまった様です。巡査ではありませんが、遥か以前1987年、ロンドンのヒースロー空港からロンドン市内行きのリムジンバスに乗ったところ、ショーン・コネリーにそっくり似のバスの運転手さんに出会った事がありました。と、映画にはまったく関係無いことを突如思い出しました。まさか、アルバイトで運転手?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました