>

おすすめ映画感想|『恋におちたシェイクスピア』(1998/ジョン・マッデン監督)【U-NEXTで視聴】

スポンサーリンク
絶対見逃せない映画 おすすめ
Bronisław DróżkaによるPixabayからの画像
スポンサーリンク
見逃し配信バナー

『恋におちたシェイクスピア』のあらすじと概要

若き日の文豪シェイクスピアの秘められた恋の行方を、虚実織り混ぜながら描いた恋愛歴史劇。

16世紀末のロンドン、ペストが蔓延し劇場の閉鎖が相次ぐロンドン。人気劇作家シェイクスピアは漸く長いスランプから抜け出そうとしていました。ある日、彼の新作のオーディションにトマスと名乗る若者がやって来ました。実はトマスは、裕福な商人の芝居好きな娘ヴァイオラが女人禁制の舞台に立つために男装した姿だったのです。逃げるように去ったトマスの後を必死に追って商人の屋敷に潜り込んだシェイクスピアは、そこでヴァイオラと出会い恋に落ちます。

しかし彼女には既に、親によって定められた貧乏貴族の婚約者がいました。燃え上がる恋心に創作意欲を刺激され、新作「ロミオとジュリエット」を書き上げていくシェイクスピアでしたが…

主演は「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。本作品は第71回アカデミー賞で作品賞など7部門を受賞し、ヴァイオラ役のグウィネス・パルトロウが主演女優賞、エリザベス女王役のジュディ・デンチが助演女優賞に輝いています。

原題:Shakespeare in Love

『恋におちたシェイクスピア』のスタッフとキャストについて

ジョン・マッデン監督:イギリス/ハンプシャー州ポーツマス出身。新作『オペレーション・ミンスミート ナチを欺いた死体』が今月18日公開が予定されています。

ジョセフ・ファインズ(ウィリアム・シェイクスピア):6人兄弟の末っ子、レイフ・ファインズは実兄。1996年に『魅せられて』で映画デビュー。1998年公開の『エリザベス』と本作品『恋におちたシェイクスピア』で国際的に知られるようになる。

グウィネス・パルトロウ(ヴァイオラ):映画「セブン」(95)では、共演したブラッド・ピットとの交際も含めて注目を浴びた。マーベル映画「アイアンマン」シリーズ(08~13)にも出演。

おすすめ映画|『セブン』(1995/デビット・フィンチャー監督)ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン共演の傑作サスペンス

ジュディ・デンチ〈エリザベス女王):「The Third Secret」(64)でスクリーンデビュー。「眺めのいい部屋」(86)や「ヘンリー五世」(89)など古典劇から現代劇までこなす実力派。

おすすめ映画感想|『ジョーンの秘密』(2018/トレバー・ナン監督)

映画感想|『ヴィクトリア女王 最期の秘密』(2017/スティーブン・フリアーズ監督)ジュディ・デンチ扮するヴィクトリア女王の感動秘話!

コリン・ファース(ウェセックス卿、シャイクスピアの恋敵):イギリス/ハンプシャー州出身。95年のTVミニシリーズ「高慢と偏見」でブレイクし、英国アカデミー(BAFTA)賞のTV部門にノミネートされた。

【2021年版】コリン・ファースのおすすめ映画10作品(最近みなおしてみた作品限定・個人的な好み順)をご紹介

ベン・アフレック(ネッド・アレン):米カリフォルニア州生まれ、マサチューセッツ州ボストン育ち。

おすすめ映画|『ザ・コンサルタント』(2016/ギャビン・オコナー監督)ベン・アフレック主演アクションサスペンス映画

おすすめ映画|『アルゴ』(2012/ベン・アフレック監督・主演)実話!前代未聞のCIA人質救出大作戦

『恋におちたシェイクスピア』のネタバレ感想

虚実入り混じった歴史ドラマとして非常に興味深く見る事が出来ました。思い出すのは1968年のオリビア・ハッセー主演映画『ロミオとジュリエット』です。音楽といい、ストーリー展開の悲劇性に涙そ、随分感激して見たのを覚えています。本作品『恋に落ちたシェイクスピア』でシェイクスピアとヴァイオラが恋に落ちますが、その恋の行方とシェイクスピアが執筆し、初演を飾る『ロミオとジュリエット』の演劇が絡み合い同時進行して行きます。この脚本の妙、上手く考えられた展開の素晴らしさに本当に驚かされました。

また、ヴァイオラを演じる魅力的なグウィネス・パルトロウの演技も大変素晴らしく、アカデミー主演女優賞受賞というのも十分納得のいくものです。一瞬ミア・ワシコウスカじゃないのかと勘違いしました。更に兄レイフに少しも似ていないジョセフ・ファインズの熱演も光りました。彼は何となく歌手プリンスによく似てるなぁと関心しました。

当時の劇場のつくりは役者と観客の距離が異常に近く、最前列の席でかぶりつきで見入っている客の姿も何人も見えました。これは観客席の反応がそのまま舞台にも伝わって来るし、客席からは役者の一挙手一頭足手に取るように見え、臨場感がそのまま伝わって来るようでした。現在の音楽ライブステージの様な雰囲気だったのかもしれません。

「卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家」とも言われているシェイクスピアですが、やはりそれなりの経験が無ければ、あれほどの優れた戯曲の数々を描き上げる事は当然出来ないと思いました。

U-NEXTは、

 1 180,000本以上の動画が見放題
   最新レンタル作品もぞくぞく配信
 2 動画だけでなく、電子書籍も1つのアプリで楽しめます
   マンガ、ラノベ、書籍、雑誌など豊富なラインナップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました